経営理念|碌々産業株式会社|高精度高速小径微細加工機、特殊加工機、プリント基板加工機の製造・開発

 

会社情報

碌々産業株式会社

<本社>
〒108-0074
東京都港区高輪4-23-5
碌々ビル
TEL 03-3447-3421(代)

<静岡工場>
〒421-0216
静岡県焼津市
相川2575
TEL 054-622-1151(代)


サポートお問い合わせ

経営理念

碌々魂

創業者・野田正一は、経営指針の1つとして
「工作機械ハ生産ノ手段デアッテ、其目的デハナイトコロノ特殊ノ利用財デアリマス」
との言葉を私たちに残してくれました。
工作機械を利用することで、お客様の利益を生み出す、そんな機械を提供しなさい、ということです。

たとえマーケットは小さくとも、お客様の問題解決に全力を尽くして取り組む、
それが私どもに流れるいわば「碌々魂」です。
プリント基板の加工機も微細加工機も、お客様の小さな相談から研究開発が始まりました。

工業の発展に停止はありません。文明の進化とともに機械も更新されていきます。
私どもは、常に巡ってくる新しい変化に対し、100年余を生き抜くなかで培った「碌々魂」で挑みつづけよう、
そして、いつまでも「古くて新しい碌々産業」でありたい、そう思います。

今後とも温かいご支援をたまわりますようお願い申し上げます。

碌々産業株式会社
代表取締役会長 野田 謙一

沿 革

1903 創業者 野田正一東京銀座において「碌々商店」を創業。 機械工具類の輸入販売を開始する。

1912 東京月島に工場を建設。自社製品の製造・販売を開始。

1944 静岡県大井川町に工場を建設。相川製作所(現静岡工場)と称す。

1962 仏ヒューレ社と技術提携し、ヒューロン超万能フライス盤の製作を開始。

1965 山梨大学、富士通と共同で国産第一号NCボール盤の開発に成功。

1966 プリント配線基板専用NCボール盤を開発し製作・販売を開始。

1970 国産初の立型マシニングセンタRMCを開発。

1971 NCボール盤のベストセラーRNDが(財)機械振興協会の第1回中小企業向け自動化機械開発賞を受賞。

1992 R&Dセンター(設計開発センター)竣工。

1996 高精度高速小径微細加工機「MEGA」完成。微細加工分野におけるベストセラーマシンとなる。

1999 高精度高速小径微細加工機「MEGA」 第29回中堅・中小企業新機械開発賞を受賞。

2003 創立100周年。

2005 室温23±0.5℃制御完全恒温精密組立工場「Area23」竣工。

2006 プリント配線板加工機「Σ-Series」(穴明機・ルータ機)発表。

   

2008 ツイン駆動方式大型高精度加工機「ZEUS-86」、 5軸制御部品加工機 「RMX-50V」発表。

2010 超高精度高速微細加工機「Android」発表。